コンクリート製の枕木で情緒あるアプローチに

外構工事着工前

まずはプラン図面通りになるよう、地面に平板、枕木を敷くところにスプレーで目印をつけていきます。

外構工事開始

ユンボで目印をつけた範囲を掘削してクラッシャーを奥から敷き詰めていきます。
さらにクラッシャーをプレートで転圧して、アプローチの下地が完成です。
材料が搬入されました。左側にあるのはコンクリート製の枕木です。右側のは玄関前に使用する大きな平板タイルです。
砂とセメントと水を混ぜて平板タイル施工のための下地を作ります。

外構工事完成

コンクリート製の枕木(TOYO ヴィンテージウッドペイブ)でアプローチが仕上がりました。玄関までは、2枚ずつ間隔を空けて敷き、小道の情緒を作り上げました。
お客様が手配された植栽も入り、お庭全体が引き締まりました。
玄関前のスペースに平板タイル( TOYO エクレル ロッソブラウン)を敷きました。 ここではお庭の中心としていろいろな過ごし方が出来るよう広くしています。
本物の木のような質感です。 コンクリート製なので腐る心配もありません。
アプローチ横には家庭菜園スペースを作りました。