家族で過ごす人工芝のあるお庭

お庭に土のままで活用できていない部分はありませんか?
土のままだと雑草が生えてきてしまったり、雨の日に土の汚れが気になってしまったりお悩みは尽きませんよね。クレアガーデンでは、そのような土の部分の活用法として人工芝をオススメしています。

人工芝について

人工芝は一生ものではないことはご存じでしょうか?屋外で使用し、雨風や紫外線にさらされる人工芝はどうしても経年劣化するため消耗品扱いとなります。
消耗品なのにプロ仕様の人工芝はとても高価なんです。
今まで人工芝をしたいというお客様がいらっしゃっても、金額がネックとなり諦めてしまわれる方もいらっしゃいました。クレアガーデンはもっとお安くご提供できないかと考え、プロが見ても品質・価格共に納得できるベストな人工芝をご用意しました。人工芝の材料価格は相場の約半額です。
実物のサンプルは無料でご用意しておりますので、是非手に取ってご覧になって下さい。人工芝サンプル請求フォームよりお申込み頂けます。

人工芝のおすすめPoint

お手入れが楽になる

防草シートと併用して施工するので雑草が生えなくなり、お手入れが楽になります。また、人工芝自体はメンテナンス不要です。芝が寝てしまった場合はデッキブラシなどでなでるようにして立ててあげればOKです。

小さなお子様の遊び場としてもおすすめ

砂利や土と違い、転んでもケガをしにくく、また汚れにくいので小さなお子様が安心して遊べます。人工芝があればお庭で座って遊ぶこともできます。お天気のいい日にはお庭でピクニックごっこもいいですね!

見た目がキレイ

日当たりに関係なく、一年中見た目がきれいです。

ドッグランとしてもおすすめ

人工芝はドッグランにもおすすめ。天然芝の場合、遊んでいるとわんちゃんが穴を掘ったりして土や泥が体についてしまうことも。人工芝は土に直接触れることがないので汚れにくく、また虫も付きにくいので安心です。

ワンちゃんと人工芝
人工芝でくつろぐワンちゃん

人工芝のデメリット

雨上がりや夏の暑い日には注意が必要

人工芝は水に濡れていると滑ることがあります。雨上がりなどに小さなお子様やワンちゃんが遊ぶ時は注意が必要です。
また夏場の暑い時期には日差しのきつい場所では、人工芝の表面も熱くなります。必ず手で触れて確認してから遊ぶようにしてください。

バーベキューや花火などの火気厳禁

人工芝は火がつくと溶けてしまうので、バーベキューや花火などは控えてください。

クレアガーデンがオススメする人工芝

Point1 踏み心地の良い人工芝

人工芝の拡大写真
人工芝の側面からの写真

芝丈は35mm。触れる上部のストレート状の芝糸は触ったときに柔らかいポリエチレン。下部のウェーブ状の芝糸は弾力性のある固めのポリプロピレン。高密度の人工芝を使用しているので、クッション性が高いのが特徴です。

Point2 へたりに強い特殊形状のV型の芝糸を使用

人工芝の拡大図

V型の芝糸はへたりに強く、また見た目も本物の芝のような印象です。

Point3 細い芝糸を使用してより自然な芝生を再現・芝糸は2種の素材で4色

人工芝の芝糸

細い芝糸は光の反射を軽減し、ふわふわした触り心地でリアルな質感に。
また、色と形状の違う芝糸で、リアルな芝の質感を演出。
ストレート形状2色・・・緑・黄緑
ウェーブ形状2色 ・・・茶色・緑
従来の人工芝よりも深く、渋い色合いで、より天然芝に近い見た目になっています。

人工芝サンプルのお申し込みはこちらから